« 題名のない音楽会 | トップページ | 陸奥A子×少女ふろく展 - 弥生美術館・竹久夢二美術館 »

2015年11月10日 (火)

寿演奏

4

 

先日結婚披露宴にお呼ばれされて演奏しました\(^o^)/
いまどきのお式ってオシャレで素敵で。何よりじぶんのやりたい事を実現出来るのがうらやましいです。
私たち世代は様式がキッチリ決められていて、そこを外して斬新なことをするのは、まず不可能でした。

例えば「仲人さんがいない」って、以前はありえなかったこと!
高砂に新郎新婦だけが座っているっていいね。
以前は4人高砂が基本で、当時はこんなもんだと思っていたのだけど、仲人さんが横に居ると友人が寄りにくいというか、みんなで記念写真を撮りにくい。
だからじぶんも、学生時代の友人のお式でも、高砂集合写真は一枚もナシ。

打掛に洋髪+生花を合わせられるのもうらやましいわ。
カツラかぶってオデコ全開!が、ど~~~うしても嫌!!でじぶんは和装を避けたのですが、やっぱり一生に一度くらい着ても良かったかも。

でも結婚式って何度行ってもいいものです。それだけは今も昔も一緒です。

しみじみと、楽団は若い時に入団するべきだわって思う。

若さの勢いでガッツリ活動して、成人式や結婚式の慶事ではいっぱいお祝いしてもらって、出産などお目出度い理由で惜しまれながら卒業する。
それが一番幸福コース。

年喰ってから入団したって、最初は異端児扱いされるだけ(努力すればのちに認められるけど)。

お祝いされることなんて一度もないし、パートリーダーという名の汚れ役に疲れきって、辞めることばかり考えながら演奏を続ける(←イマココ(笑))。
そんなのより全然いいです。

暗いなー。じぶん。 まぁ、あれだけ合奏中叩かれたら、そりゃ暗くもなるかぁ。。。。。

« 題名のない音楽会 | トップページ | 陸奥A子×少女ふろく展 - 弥生美術館・竹久夢二美術館 »

ひとりごと」カテゴリの記事