おとめちっく

2015年12月10日 (木)

陸奥A子×少女ふろく展 - 弥生美術館・竹久夢二美術館

4

行ってきました!

陸奥A子。わたしの青春。

行かせてくれてありがとう。わたしの夫。(←こんな所でノロケてみたところで本人ここ見ませんが(^_^;))
昔の漫画を見るために東京に行きたいだなんて、流石に言い難かったです。
日頃好きな音楽を存分にやらせてもらっているじぶん。それだけで充分有難いのです。その上一人で旅行だなんて。。。

でも、ぜーーーーーーーったいに行きたかった!

思い立ったら一直前。引き下がる事が出来ない単細胞なO型。それがワタシ

去年、鳥獣戯画を見るために京都の国立博物館で4時間並んだんですよね。
その時は夫と一緒だったので「わたしにとって陸奥A子は、鳥獣戯画と同格!!!」と説明したのが説得力あったのか、「あー。行ってきたら。」で済んでしまいました。

5


ありがとう、ありがとう。
1泊で必ず帰ってきます。
ホントは何日も通いたいけど、前期・中期・後期の展示を全部見たいけれど、1回で我慢します。
行けるだけで幸せ。
グッズもたくさん買ってきたい。

何を着ていこうheart04DOKIDOKIheart04

こんなワクワクした気持ちは久しぶりなのれす。

何度も書きますが、わたしは中3の課題曲が「ジュビラーテ」。中2が「ドリアンラプソディ」中1で「即興曲」。
世間では中高年というカテゴリーに入っている、古い古い女で御座います。
別に今更チヤホヤされたい訳じゃぁないけど、年食った女に対する世間の風というのは真に冷とうございます。

決して前には出ないように…。
あくまで主役は若い子。

そんなん、おじ様達に諭されなくても、ちゃんと心得てますってば。

でもね、我ら「おとめちっく世代」だって、束の間少女に戻って、きゃぴきゃぴ☆したっていいじゃない。

やっぱり行くしかないっしょnote

長くなるので何度かに分けてアップします♪